就職は面接で決まる!第一印象を大切に

就職は面接で決まる!第一印象を大切に

面接はとても重視されている

 就職活動をしている人にとって、最後の難関は面接です。就職先の相手でもある面接官は、面接を通して誰を選ぶのかを選択するといってもいいでしょう。面接に来る人を短い時間で判断する材料としているのが、基本的なマナーや身だしなみ、質問に対する受け答え、そして仕事に対するやる気と熱意が感じられるかどうかです。

 

身だしなみに気をつける

 面接の時は、いわゆるリクルートスーツが役立ちます。社会人として仕事をする場合、一部のクリエイティブな業界を除いては、個性的なファッションは邪魔になります。社会人として、派手でないスーツやアイロンの効いた白いシャツなど常識的なアイテムを選ぶことは基本中の基本です。ついおろそかにしがちなのが靴や靴下、バッグなどの小物です。高級品である必要はありませんが、清潔感があり、色柄などにも気を配りましょう。

 

受け答えははっきりと

 面接では、話し方や受け答えもその人の印象を決める重要な要素です。質問されたら、マニュアル通りの模範回等を上手く答えようとするよりも、誠実に自分の思いを伝えるような姿勢で臨みましょう。ハキハキしっかりと話し、内容によっては笑顔で答えるようにすると、好印象に繋がります。

ホーム RSS購読 サイトマップ